名刺の電子化

Business card factory

日本社会に必須な名刺の印刷業者の競争

名刺は日本におけるビジネスツールとして不可欠のものです。
ビジネスの場で人と初めてあった際には必ず交換を行うことが風習となっており、様々なものが電子化が進んでいるにもかかわらず未だに紙媒体としてやり取りがなされているものです。
そのため、印刷業者としては注目の的となっており、名刺印刷を専門とする印刷業者も繁盛している状況が続いています。
しかし、競争も激しいことからサービスの多様化と低価格化についても著しく進行しています。
テンプレートによる即日印刷やオンデマンド印刷の普及、用いる紙質の多様化といった点が便利になったサービスとして代表的なものです。
一方、納期の長さによって料金設定が変わるといった形でより効率的に印刷機を動かせるようにし、コストダウンを図っているというのも印刷業界で流行している方法です。
こうすることによって少しでも価格を下げなければ他社に負けてしまう可能性があるという状況で熾烈な争いを繰り広げているのが名刺印刷の業界となっています。
その一方で、デザイン性や品質を重視してデザイナーによるデザインを斡旋したり、高品質な印刷を売りにしたりする業者も登場してきており、サービスの方向性も多様化しています。

情報化社会の影響による名刺の電子化

ビジネスの場において互いの自己紹介を行うシステムとして名刺交換が日本の伝統となっています。
そのため、カードサイズの小さな紙を常に持ち歩いていることがビジネスマンに要求されることになっていますが、情報化が進む今日においてもその習慣は続いています。
一方で、互いに自己紹介をして社名や住所、電話番号等の連絡先を交換したはよいものの、その管理を紙媒体で行うというのは時代にそぐわないものになってきました。
ほとんどの名簿や連絡先は電子化されて管理されるようになっているからであり、パソコン等を用いた検索の容易さに慣れてしまうと紙媒体での連絡先の管理は非効率的なものとなってしまいます。
そういった影響を受けて、名刺を電子化する動きが強まっており、専用のリーダーとソフトウェアを使うことで情報を抽出できるシステムが提供されるようになりました。
また、クラウドシステムを利用してスマートフォン等から写真を撮るだけで必要な情報を抽出して名簿管理できるようなシステムも開発されており、徐々に普及が進んでいます。
そもそも電子媒体で自己紹介を行うようになれば簡略化されるものの、自己アピールの手段ともなることから名刺の需要が続いているのです。


check


新たな市場を創造するマーケティングパートナーです。


市場調査サービス


東京で外壁塗装をするなら


茅ヶ崎で注文住宅を建てる


Last update:2022/4/7

『名刺』 最新ツイート

@GENE78113263

@komupi1013 名刺、両方欲しい!! かわいいです!

1分前 - 2022年09月29日


@shimada_print

『QRコードとはスマホのカメラなどで簡単に情報を読み取れる絵です』 https://t.co/6MXxVgmoLQ スマホは長文入力をするのは大変なので、QRコードは便利でこれかも利用が増えるでしょう。利用先は名刺・チラシ・カタログ・ホームページなどで増えるでしょう

2分前 - 2022年09月29日


@ack2ty517

@hentainu09shok9 なんか大手の下請けの会社の社長だって言ってたよ!大手の会社から名刺も貰ってるって笑笑

2分前 - 2022年09月29日